電気工事士として就職希望する場合に最適な会社選びのコツを押さえましょう

>

未取得者でも将来的に電気工事士を目指す場合の働き方

電気や建築系の学部卒や仕事の経験者は

電気工事の仕事は配線を扱う仕事であるため、少しでも間違いが起これば火災や停電の原因となりかねません。多くの人への生活に支障をきたしてしまうので、少なからず責任が伴う仕事です。

高校や大学で電気や建築系の学部を卒業しているなら、専門的な知識を習得しているのが確認できます。また、電気工事士の資格が無くても、電気や建築分野での職歴がある人も、ある程度の専門的な仕事を任せられるかもしれません。

なお、第二種電気工事士は、学歴や職歴を問わず受験が可能です。筆記試験はマークシート方式であり、ある程度時間を掛けて勉強すれば合格の可能性は出ます。しかし、実技試験があり、配線図に従い配線の作業や施工を行います。道具の使い方や配線図の読み方ができないと合格をするのは難しいです。

1から電気工事士を目指すのもアリだが

生活を送るうえで電気は欠かせないものの1つであり、今後も需要が減るのが見込まれません。そのため、未経験者でも手に職をつけることができれば長く勤務をするのが可能です。

電気工事士の求人募集をする企業は、未経験者歓迎の所が少なくありません。なぜなら、現場の職人は電気や建築のプロであっても、工具や資材を運んでくれる人材がいるだけでプラスになると考える場合があります。また、電気工事士の資格取得の勉強で得た知識は1つの武器となりますが、現場の仕事は全く異なるケースも出ます。そのため、資格取得者よりはものづくりが好きで意欲的に仕事に取り組める人を歓迎する傾向にあります。

しかし、電気工事士や施工管理者のような専門資格の取得をすれば仕事の幅が拡がり、能力があれば親方や現場監督の仕事も任せてもらえるでしょう。その道のプロを目指すなら、資格取得を目指すのも有効な方法です。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る