電気工事士として就職希望する場合に最適な会社選びのコツを押さえましょう

>

先ずは電気工事士の仕事について把握しましょう

建築系の電気工事士業務

建築系であれば、一般家庭や商業施設など建物の大小を問わず様々な仕事があります。

屋内外の配線工事であれば、コンセントやスイッチの取り付けや電柱に引いている電線を建物につなぐ仕事などがあります。屋外の配線工事は、無停電工法や活線作業のような高度技術を用いた施工ができるため、安全な工事は可能です。しかし、事故やトラブルが起こる可能性はゼロではないので、細心の注意は求められます。

会社によってはエアコン取付業務やクリーニングの仕事があり、建物利用者が快適に過ごせる空間づくりを行います。その他、ビル管理の業務もあります。電気工事士の仕事だけでなく、ボイラーやエレベーターの保守点検など、多彩な仕事があります。

電気工事だけの仕事ではないため、自分には合わない作業もあるかもしれません。ミスマッチを防ぐために、会社選びをする際は可能な範囲で見極めをしましょう。

鉄道系の電気工事士業務

生活のライフラインの1つである鉄道は、電気で作動をしています。お客さんが快適な使用をするために大切な仕事の1つです。

変電設備業務なら、電車に対応した電気に合わせた電圧に変える必要が出ます。電車を走行させるために、パンタグラフという電車の屋根についている集電装置に電気を流します。変電所から電車までの電気設備を整えて、正常に電気を流すようにするのが主な仕事です。その他、車両の定期メンテナンスや信号機の設置も行います。

電車に乗る際に駅を利用しますが、改札口やプラットホームの掲示板の設備工事も、電気工事士の仕事です。既存の駅のメンテナンスや機器交換以外に、新たに駅ができた時も設備工事を行います。

なお、作業時間は終電が終わった後になるため、深夜業務がメインの仕事となるでしょう。体力面以外に夜型生活への対策も欠かせません。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る