電気工事士として働くのに最適な会社

電気工事士として就職希望する場合に最適な会社選びのコツを押さえましょう

先ずは電気工事士の仕事について把握しましょう

第二種以上の電気工事士の資格保持者は、転職を目的に就職先を探す人はいるでしょう。建築電気工事と鉄道電気工事の2種類があり、それぞれに良し悪しがあります。時にはメンテナンスや急ぎの依頼を受けるため、日夜問わず仕事をする日があるかもしれません。体力や精神面でも、楽な仕事ではないのが伺えます。

資格取得者が就職希望する場合に知っておくと良い情報

電気工事士の仕事に対して、難しそうであったり専門的なスキルが必要と考える人はいるかもしれません。2つともありますが、多彩な仕事があるため上手くいくと長く楽しめる仕事になるかもしれません。

建築系の電気工事であれば、建物の屋内外の配線やビルメンテナンス、エアコン設置のような仕事があります。新たな建物を作る際は、建物内における電気配線の施工や設計、配電盤のような機器の備え付けなど基礎工事の仕事があります。その他、建物のリフォームをする場合も業務に携わるようになります。

鉄道系の電気工事は、電車に正常に電気を加えるための配線工事だけでなく、安全運行をするための信号機の調整や自動改札の設置など様々な仕事があります。また、多くの人にとり生活のライフラインでもあるので、定期的な保守点検の仕事も行います。

電気工事士には資格が設けられているので、確認をしましょう。第二種であれば、最大600ボルト以下の電気工事を行います。主に一般住宅や事業所向けの施工を行います。第一種になれば、最大電力が500キロワット未満の電気工事となり、ビルや工場のような大型な建物の施工ができます。なお、第一種を目指す場合は5年以上の実務経験が無いと受験ができません。

電気工事士の就職先は、ビルや建物の管理会社や大規模な商業施設に建築を行うイベント事業者、電力会社など複数あります。電気工事以外に建築や電気の保守点検の仕事が必要となるため、様々なスキルが要ります。また、業界未経験者であれば最初は見習いから行い、キャリアを積み資格取得を目指すのも1つの方法です。資格取得をしてスキルが高まれば、独立開業も選択肢の1つになります。

未取得者でも将来的に電気工事士を目指す場合の働き方

新卒や業界未経験者などで電気工事士の資格を取得していない人でも、就職先はあります。見習いから始まり、キャリアを積んでいき電気工事士の資格を取得するようになるでしょう。過程は楽ではないですが、日々誠実に仕事をしてスキルアップができると仕事の幅は拡がります。

独立を目指すのも可能だが道のりは平坦ではない

第二種以上の電気工事士の資格を取得して、自分なりに自信が持てるようになれば独立開業をするのも1つの方法です。上手くいけば高収入を得られるうえ、自分に合った経営ができます。しかし、自分の仕事だけすれば良いわけではないので、会社勤めの時と異なり大変なことは多いかもしれません。

▲ TOPへ戻る